みそが日本人の健康を取り戻す

味噌

最近はみそ汁を飲まない人が増えていると聞きます。ごはんにみそ汁はつきものですが、それはどちらも陽性の働きがあるからです。発熱現象をつくって基礎体温を上げるから、身体がポカポカ温まります。

みそは本来、身礎です。身体の礎となるので、飲む点滴です。みそは、霊験あらたかで、ご利益があるのです。

みそが身体にいい理由はいくつかあります。まず、みそには消化の働きをよくする作用があります。食事のとき、最初にみそ汁を飲むと、塩気が身体にとり込まれて胃腸が動き始めます。そうすると、その後に食べたものの消化吸収がよくなるというわけです。

昔から日本人は食事のとき、みそ汁から口をつけていましたが、それは理にかなったことなんですね。さらに、みそは血管の掃除や腸の掃除もしてくれるうえ、造血能力を高め、血液を陽性にしてくれます。毎日必ず飲む人は、健康が約束されます。ガンの予防にも効果があります。

また、体内の酸化を抑制する作用があり、老化防止にも役立ちます。いつまでも若々しくいたいなら、みそ汁を飲むべきですね。また、みそには動脈硬化を予防する働きもあります。たとえば、昔の人は吸っていた煙草のキセルのヤニを取るのに、どうしていたと思いますか?

ちり紙をよってつくったコヨリにみそをつけて、それをキセルのなかに通して掃除していました。

実は、みそには脂などの汚れを落とす作用があるのです。これと同じ原理で、血管に流れるコレステロールを溶かします。
動脈硬化が心配な人は、みそ汁を飲みましょう。

できれば、みそは3年寝かしたものがベストです。3年かけて熟成・発酵させると、身体を冷やす陰性の大豆がアミノ酸に分解されて、身体を温める陽性に変化します。

こうじきん。また、短期間でつくるみそには、大豆に混ぜる麹菌が残っているため、身体が陰性になります。「菌」自体は陰性です。

3年も寝かせると影も形もなくなって、大豆が全部アミノ酸に分解され、おいしいみそができあがります。

自然食品のお店に行けば、きっと3年もののみそも売られているはずです。ぜひ手に入れていろんな料理に使いましょう。

江戸時代のことわざに「医者に金を払うより、みそ屋に払え」というものがあったそうです。毎日みそ汁を飲んで、わずらわないようにとの養生訓です。

日本は四季折々の季節があるので、春夏秋冬の旬の野菜や根菜を、みそ汁の具としてたくさん入れて飲むようにしましょう。すると、具がお菜の役割になって、一汁のみそ汁だけでも、豊かな食事になります。また、みそ汁にふのりをひとつまみ入れて飲むと、身体のなかの老廃物や毒素を吸収して、身体の外に運び、捨ててくれます。海藻類も養殖物がたくさん出回っているので、天然で自然のものを選んで食べましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*